洗顔とクレンジングの違い

洗顔とクレンジングの違いとは?

毎日メイクをしている私たちにとって、洗顔とクレンジングは欠かせないものですよね。

 

けれど、このように私たちの日常に当たり前になっている「洗顔」と「クレンジング」は、
一体どのように違っているのでしょうか?

具体的に理解している人は少ないかもしれませんよね。
今回はそれをご説明しようと思います。

 

洗顔とクレンジングの大きな違いですが、
簡単に言うと、洗い落とす対象の違いです。

 

洗顔で洗い落とすべきものは、皮脂や埃などの皮膚の汚れです。
そのため、洗顔では主に水溶性のものを落とすことになります。

 

それに対してクレンジングは、洗い落とすべきものはメイクです。
ということは、クレンジングは洗顔とは違い、油性の汚れを落とすことになります。

このように、全く違う性質を持っている洗顔とクレンジングですが、
最近これを一緒にしてしまう商品も発売されています。

 

ダブル洗顔不要」と明記してあるクレンジングです。
この商品は、二度洗いによる肌へのダメージを減らしてくれます。
肌への負担が気になる人にとって、画期的なアイテムだと言えますね。

 

洗顔とクレンジングは、肌を清潔に保つ為にはとても大切です。

 

けれど、肌へ触れる分だけ刺激を与えてしまうということも否定できませんし、
美肌の為には、肌に優しい洗顔とクレンジングが大切なんですね。

ダブル洗顔とダブル洗顔不要はどう違うの?

クレンジングでメイクをしっかりと落とした後に、
洗顔料を使って洗顔し残りの汚れを洗い落とすダブル洗顔をするという方。

逆にクレンジング+洗顔の効果があるダブル洗顔不要の商品を使用して、
一度の洗顔ですます方、あなたはどちらに当てはまりますか?

 

 

まず、顔の汚れには水性油性の二つがあり、
ダブル洗顔はクレンジングと洗顔料の二つを使うことで、
油性と水性の両方の汚れを落とし清潔な状態にします。

 

ダブル洗顔はしっかり汚れを落すことができ、
低刺激の商品を選べば肌への負担も軽減することもできます。

 

次にダブル洗顔不要の商品ですが、こちらの特徴はなんといってもなことです。
ダブル洗顔と違って洗顔を一度で済ませられることができるので、
時間がなかったり疲れていたりする時にはとても便利です。

 

ですが、ダブル洗顔不要の商品には汚れを一度で落せるよう、
多めに活性剤が入れられているため肌への負担が大きいという欠点があります。

ダブル洗顔不要の商品を使う場合には、
念入りに保湿をしないとかえってニキビなどができてしまい、
肌荒れを引き起こしてしまうこともあるようです。