しみとそばかすの違い

しみとそばかすの違いについて

「しみとそばかす」はいつもセットで語られていますね。
美白化粧品などの説明でもまとめて書かれていることが多いこの2つについて、
違いがイマイチ分かっていない方も多いんではないでしょうか。

そこで今回は、しみとそばかすの細かな違いについて調べてみました。
実は、しみミとそばかすの生成サイクルはだいたい同じだということです。
けれど、その他のことは全然違うと言えます。

 

しみは、30歳をすぎた女性にできやすいです。
ここで言うシミとは、肌にメラニン色素が増えてしまって色素沈着した状態のことです。
頬や額、目の周りにできることが多く、その特徴は左右対称なことです。

 

その一方、そばかすは5歳くらいの幼児期から思春期の間にできる色素班です。
色素班は、紫外線を受けると濃くなります。

そばかすの大きさは決まっていて、一つが米粒くらいです。
一箇所にまとめて複数できることが特徴です。

 

色の白い人にそばかすが出来やすいのは、
色が白い人ほど生まれながらに紫外線から肌を守る働きが強いからです。

これを「紫外線防御機能」と呼びます。
この紫外線防御機能が働くと、そばかすができてしまいます。

 

そして、しみは後天的なものですが、そばかすは遺伝によって受け継がれてしまいます。
お母さんがそばかす体質だと、娘さんにもそばかすができやすいのです。
見た目は似ていても、しみとそばかすにはこれほどの違いがあるんですね。

しみとそばかすの違いについて関連ページ

顔脱毛とブライトニングの関係
ホワイトニングとブライトビングの違いをご存知ですか?顔脱毛する事によってブライトニング効果が期待する事ができますよ。
基礎化粧品の選び方とチェックポイント
毎日のスキンケアを怠ると顔に化粧がのらないことってありますよね?重要なポイントは基礎化粧品の選び方なんです。
肌のくすみの原因とは?
肌のくすみの原因を知ることで対処方法を変化させましょう。自己流のケアになってしまったりしていませんか?